お菓子

キャロット


キャロット詰め合わせ

carrot_2017.png

クッキー生地にアーモンドスライスとキャラメルを乗せて焼いたキャロット。名前に反してニンジンは入っていません。先代がこれを考案したのは30年以上も前のことです。

甘さの中に潜む香ばしさがクセになるキャロット、今でもお店の人気NO1商品です。

*2016年3月31日よりキャロットはパッケージをリニューアルしました。味はそのままに新たな装いのキャロットを、ご自宅用として贈答用として、どうぞご利用くださいませ。

*キャロットに新しく2種類の仲間が!
【黒ごま】黒ごまのペーストを使ったクッキー生地とスライスアーモンドの変わりに黒ごまをたっぷりのせて焼き上げました。

【きなこ】深煎りしたきなこと米粉を使ったクッキー生地。表面のキャラメルには豆乳クリームを使用。

【ミニサイズ】こちらも新たにラインナップ


40年目のパッケージリニューアル 変わらぬ想い。変わる決意。

 想い

宮若市の皆様に世代を問わず、世代を繋いで愛されてきた「キャロット」
それは、瀬川菓子舗を支えてきた思いの詰まった商品です。

40数年前、現会長が考案。
製造から梱包まで、すべて手作業で製造する形で生まれました。

変わりゆく時代の中、お客様のニーズに応えるべく、和菓子、洋菓子問わず他商品展開する中でも、トレンドに流されることなく、常に改良を重ねてきました。
また、創業90年時には、定番の「プレーン」に加えて「ココア」「抹茶」味を新発売。次世代に向けた商品も開発してきました。

一本一本をキャンディーの包みのように手包みするスタイルこそキャロットのアイコンでしたが、すべて手作業のため、スタッフの作業負担・生産性に問題が生じ、たびたび品切れにより、お客様にご迷惑をお掛けすることもありました。

時代、環境、未来など様々な要因を考慮した結果、会長が見守る中、パッケージリニューアルを決断。
2014年、「キャロット」に向き合う日々がスタートしました。

しかし、4代目社長はこのプロジェクトの重責に悩みました。
幼い頃から一緒に年を重ねてきた「キャロット」
向き合うには、相当な覚悟が必要でした。
それでも前進したのは、会長との共通認識。


今が「変革」の時

パッケージリニューアル

一人の女性デザイナーとの出会いもありました。
瀬川菓子舗の歴史、想い、そしてこれから、、、
私達の迷いにも真摯に向き合ってくれ、少しづつ具体的にデザインに落とし込み、1年かかりようやく完成いたしました。

次の時代を見据えての変革。
挑戦しなければ、見えてこないもの。
改めて気づいたお菓子屋としての誇り・哲学。

少しでも良い物を、多くの皆様に楽しんでいただくために。
安心して次世代につなげるために。

守るべきものと変わるべきもの。
どちらも大切にしながら、私たちはこれからもこの地でお菓子を作り続けます。


carrot_package_rn.jpg

キャロット詰め合わせについて

当店人気のキャロットを詰め合わせでお届けします。贈り物にもどうぞ。2016年3月31日よりパッケージを一新し、価格も変更となっております。 詰め合わせページはこちらもご覧ください。

価格:

  • 486円(ミニサイズ6個入)
  • 1,080円(5本入)
  • 2,160円(10本入)
  • 3,240円(15本入)
  • 4,320円(20本入)
  • 6,480円(30本入)

賞味期限:2週間